観光案内

郡中・灘町の歴史

旧伊予市の中心部は、今も「郡中」と呼ばれ古い町屋が点在しています。 1635(寛永12)年、松山藩から大洲藩へ替え地となり、翌年、上灘村(旧双海町)の宮内兄弟が資材を投じて開発が始まりました。宮内家の一族をはじめ、次々と人が住むようになり、米・木材・海産物など地域の特産品が集積し、商業や物流の一大拠点となりました。

郡中・灘町

五色姫伝説

伊予市に美しい五色の意思が散らばっている「五色浜」と呼ばれる海岸があります。今から約820年前、屋島の合戦で源氏に追われた平家の五人の姫がこの浜に流れ着き、しばらくひっそりと暮らしていましたが、やがてこの世をはかなんで海に身を投げ、その後この浜辺には五色の美しい小石が散らばるようになりました。このお話は、「五色姫伝説」としてながく語り継がれており、3月には「五色姫復活祭」が開かれ、春を呼ぶ祭として親しまれています。

五色浜

イベント情報

十日戒

商売繁盛、農業豊作、漁業豊漁など縁喜開運を祈願して当日は早朝より縁喜笹の授与に多数の人でにぎわいます。

五色姫 復活祭

五色姫伝説をテーマに、五色姫パレード・女性みこしかきくらべなど、様々なイベントが商店街全域で開催されます。

大師まつり

4月と8月に開催されますが、特に夏の大祭は、カラオケ大会やバザーなど各種イベントが行われにぎわいます。通称”おだいっさん”として親しまれています。

豊漁祭

大漁を祈って百数十隻の漁船が大漁旗をなびかせてパレードを行う勇壮な海の祭りです。

ふれあい土曜夜市

愛媛県下で1番目にスタートする土曜夜市です。チャリティーバザー、綱引き大会など個性的なイベントに加え、多くの露天が並び、商店街は人であふれます。

住吉まつり

毎年7月28日・29日の2日間、住吉まつりが開催されます。 28日には「伊予おどり」にあわせて市民が商店街を躍り歩くパレードがあります。

五色姫海浜公園 サマーフェスティバル

南国ムードが漂い、白浜の美しいビーチが広がる人気のスポット「五色姫海浜公園」で開催される”サマーフェスティバル”。ビーチバレー大会、潮干狩り、釣り大会、お楽しみ抽選会などがあり、若者や家族連れの歓声が終日飛び交います。

みなみ夜市

夏の最後を飾る夜市です。ミニコンサートや様々な手作りイベントで商店街はにぎわいます。

五色浜観月いもたき

伊予市の秋の名物のひとつに五色浜のいもたきがあります。 いもたきとは、鶏肉のスープでイモや野菜などを煮込んだ鍋料理で、浜に座り大勢で鍋を囲んで楽しい宴会となります。 特に夕焼けの時刻や仲秋の名月のころはムードも最高で人気があります。

五色浜観月いもたき/秋まつり

秋まつり

伊豫稲荷神社や伊豫岡八幡宮などの各神社から神輿が繰り出し、郷土芸能の獅子舞が市内各地で披露されます。

郡中いっぷく亭

商店街の空き店舗を活用して、平日の10時~15時まで開設しています。ご年配の方をはじめ、街を訪れる人が気軽に利用できる交流施設です。

いよプリンスホテルへの宿泊のご予約はコチラ↓